フード

犬や猫もさんまを食べて大丈夫?注意点とおすすめの食べ方

犬・猫にさんまをあげても大丈夫?

 

脂がのった秋刀魚を焼いて、大根おろしと共に食べる。想像しただけでヨダレが出そうです。

この美味しいサンマを犬や猫にも味わわせてあげたい。

あげても良いのかな?と思うかもしれません。

 

答えは あげても大丈夫!!

ただし、注意点もあります。

今回は美味しいサンマを愛猫・愛犬と一緒に楽しむための注意点と、おすすめ食べ方をご紹介。

 

ブレナム
ブレナム
こんにちは。なんならお皿も食べちゃい隊!会長のブレナムです。秋刀魚は犬にも大人気なの。注意点を知って、一緒においしく味わいましょう!

 

犬も猫も、さんまを食べて大丈夫!

さんまは筋肉や内臓などの、体を作るのに欠かせないタンパク質を豊富に含んでいます。

鉄や、カルシウムだけでなく、生活習慣病に効果が期待できるEPAとDHAも入っていて、魅力的な栄養がいっぱいです。

猫にとっては必須栄養素のタウリンも入っているの。タウリンは疲労回復にも一役かってくれるわ

 

さんまを与える際の注意

主な注意点

調味料 塩分が多くなってしまうので、味付けはしなくて大丈夫。

寄生虫 生で食べる場合はアニサキスなどの寄生虫が付いていることがあるため、フードプロセッサーで寄生虫ごと切り刻むか、火を通す。

さんまの骨 刺さってしまう場合がある。取り除いたり、柔らかくなるまで煮込むなどのひと手間を。

食べすぎ 見た目よりもカロリーが高い。

アレルギー 魚のアレルギーを持っている場合もあるので、初めて与える場合は少しの量で様子を見る。

 

美味しいものってだいたい太るのよね

 

オススメの食べ方

 

さんまを食べるときは、野菜も一緒にとるのがおすすめ

さんまに含まれる魅力的な栄養素としてEPAやDHAがあります。実はこの2つ、酸化しやすい弱点が。それを義なうために、抗酸化ビタミンが豊富な緑黄色野菜を一緒にとるのがおすすめです。

 

簡単な調理法はやはり焼き。

味をつけずに焼き、飼い主の分は食べる時だけ調味料を使えば立派なおかずに。

焼いた時にでるアブラには栄養が含まれているので、捨てずに利用しましょう。

 

つみれ汁は旨味がスープに溶け込んでおいしい。

魚のつみれは、フードプロセッサーを使うと簡単に作れます。

昆布で出汁をとり、小さく切った根菜やきのこ、野菜を入れて煮込み、さんまのつみれを一口大にして入れればおいしくて健康的なつみれ汁に。

飼い主は後から味噌やネギなどの薬味を加えるとおいしい味噌汁ができますね。

 

秋になると、さんまを使ったペットのご飯レシピの投稿が増えるの!参考にしてみてね

 

さんまのペットならでは!のこんな楽しみ方

 

愛犬・愛猫ちゃんの可愛いシャッターチャンスに大活躍です。

お魚くわえたどら猫〜♪と歌いたくなっちゃうような可愛い姿を見るには、このさんまを使いましょう。

 

猫ちゃんの大好きなマタタビが入っているので、猫まっしぐらです。

 

 

 

 

わんちゃんはこちら!

 

わんちゃんは人気のくわえるとシャカシャカとピーピーどちらの音もするタイプのさんま

細長くて軽いため、小型犬にもくわえやすく設計されています。

 

 

まとめ

 

【秋刀魚まとめ】

注意点を抑えれば、さんまは犬も猫も食べることができる

さんまのおもちゃは可愛いシャッターチャンスに大活躍!

私はやっぱりさんまは食べるのが一番好きだわ。季節の旬のものを食べることって、とってもいいことなの。食べ過ぎないようにしなくっちゃね!